ブログ

CAR MAGAZING『The Shiro-to』

さぁ、今日から突然始まりました(次回があるかどうかもわからない)、私うっちーがその少ない情報と経験を生かして新しい車の情報や旧車の情報をお届けするカー マガジン『ザ シロート』!

まず今回のご紹介は、たまたま乗れることになった『2013年式 ポルシェ パナメーラ』!

image

image

image

今回試乗したのは4800cc400馬力で、新車価格1400万円超のノンターボ。

と言ってもすでに走行距離50000kmを超す中古車ではある。

0~100kmに5秒を要すると言うカタログデータ、体感としても『あぁなるほど』と言う感じであった。

それは、スポーツカーとしての充分な早さは持つものの、4人乗りと言う、ゲストの乗り心地も重視しなければならない厳しい条件からなのかとも思える、ポルシェとしてはちょっと物足りない数字とそのフィールからである。

しかし、逆に言えば、5ドアでこのドライビングフィールはさすがポルシェと言えるのかもしれない。

どちらにしろ、さすがに4.8L、400psと言うのはパワーに十分すぎる余裕があるのは間違いない。

全長4930mm全幅1931mmで車重約1800kgと、でかく重たいボディーを持て余してるのかとも思える初速の遅さで、スタートでは前に行かれても、あっという間に追い付き追い超してしまえる加速はさすがのポルシェだ。

ツインターボモデルは0-100mを3.8秒で走り抜け、最高時速も300km超え、約2500万円のモンスターマシンと言うことだから、これは後部座席の乗員は飛行機に乗って、離陸する瞬間くらいの気分かもしれない。

私自身は、沖縄の一般道路と高速道路を、できるだけ制限速度を越えぬよう走らせてみての感覚ではあるので、同クラスのスペシャリティカーとレースをすれば、どれだけ早いのかを伝えられるだろうが、今までの愛車遍歴で比べ得る車種と言えば、今現在の愛車である、2004年式ジャガーXJRが一番ふさわしいと思われる。

image

image

年式こそ10年近く古いのだが、そのスペックはかなり近い。

全長5120mm全幅1900mm車重1780kgとほぼ同じくらいで、4200cc、406ps
と、これもほぼ同じくらい。

では実際に運転してみてどうか?

私は正直な所12年落ちのジャガーでは相手にならないと思っていたのだが、いやいや紳士の国、大英帝国の誇る黒豹は、内外装の古くささは否めない所だが、猫足と評される足回りはやはり運転のしやすさで一歩リードしていると思った。

好みの別れる所ではあるだろうが、車体や足回りの剛性の高さではポルシェに軍配が上がるが、足回りの路面をしっかり掴む柔らかさや粘り強さにはジャガーに1票を与えたい。

またこれも、正反対の意見の方がいるのだろうが、ポルシェとジャガー、車体重量はほぼ同じなのだか、走り出しにアクセルを踏み込むと瞬時に応えるレスポンスの良さ、軽いとさえ感じるジャガーのパワーは、これもほぼ互角の400馬力超えのポルシェのそれを凌駕しているのではと感じる。

勿論、巡航している際に遅い車を追い越す為にアクセルを踏み込むと、小気味良いGで背中がシートに張り付くように感じる感触と、ハンドルの安定感、車体の安定感はポルシェに軍配を上げよう。

ジャガーも同様にかなりのGを感じ、只者ではない加速感を楽しめるのだか、アクセルが柔らかい(軽い?)ので踏み込みの強さと後輪の駆動がリンクしているとより強く感じるのはポルシェの方であった。

ジャガーは国産車程ではないものの、パワステの軽さのせいなのか、ポルシェのステアリングを握るまで気にならなかった細かい揺れのような動きに、安定感と言う、車に最も大切かもしれない点では負けてるように思えた。

これが12年間、80000kmと言う歴史によって徐々に約2tの車体を支えてきた足回りの、やむ終えないへたりとかが影響してるのかもしれない。

だが、さすがに2台の間にある10年の月日はジャガーにとって絶望的とも言える差を産み出していた。

自動車の進化もまた、人間の作り出す物ではあるのだが、将来その人間をも支配する可能性が示唆される、コンピューター制御の進化は目覚ましい。

image

なんちゃって(///ω///)

何処かで見たような、レビューをしてみましたが、こういうのってホントにその車を知らないと書けないんですね(^o^;)アホナヤツトワラッテクダサイ

改めて評論家の方がたのすごさを知りましたm(__)mワカッテタンデスガ アラタメテ

もうこんな感じでは書きません(^。^;)カケマセン

また変わった車に乗れた時になんか書きます(^-^)

その時までさようなら(^^)/バイ

Share Button
クーポンはこちら

  • ラガッツァ店に予約する

ラガッツァ本店   0120-417-225

  • ラガッツァ店に予約する

サロン情報

  • ragazza
  • クーポン
  • お客様の声
  • クリエイティブ活動
  • リクルート
  • メディア実績
  • よくある質問
  • ニュース&トピックス
  • 動画一覧
小倉の美容室美容院ラガッツァグループ|可愛いを叶えるサロン